いつも音楽といっしょ

音楽といっしょに成長した自分を振り返ります。

■いつも音楽といっしょ(オール・マイ・ラヴィング(ビートルズ))■

◆「ありったけの僕の愛」を君に(m033)◆

♪「目を閉じてごらん キスをあげよう、明日は別れる二人だけど いつも、君のことだけ想っているよ」。「ありったけの僕の愛」を、メロディーメーカーのポール本領発揮の、底向けに明るいラブソングです。

♪「家を離れている間も 毎日、手紙を書いて伝えるよ「ありったけの僕の愛」を君に」。『オール・マイ・ラヴィング』が、入っているセカンドアルバム「ウィズ・ザ・ビートルズ」(1963年)は、約1ヶ月をかけて、全14曲が録音されました。当時では、最高だった2トラック・レコーダーを2台連動させたり、リンゴのドラムとポールのベースを前面に出すサウンド作りなどに、音質的にも成功したアルバムです。

♪最愛の妻リンダ死後のポールのライブでは、ラスト・ナンバーとして歌われ、会場も大合唱で盛り上がりました。ポールの「天国のリンダに送る!」の、コメントには、思わず泣けてしまいました。

♪「One more time One more chance」をヒットさせた山崎まさよしが、一年間音楽活動を中断した後の復帰ライブが、テレビで放送されました。ギター一本のライブ、彼のギターテクニックも冴えた、ライブの最後が『オール・マイ・ラヴィング』でした。あの下降ベース・ランも入り、会場の手拍子と笑顔が広がる素晴らしい演奏でした。

♪『オール・マイ・ラヴィング』は、私の「ちょっと1曲やって」の定番です。この曲は、歌詞も、ハモリも覚えやすく、とても歌いやすい曲です。会社の余興で、フォーク同好会の飲み会で「ちょっと1曲やって」と言われ、一人で、二人でハモッて歌い、会場を沸かせた(?)かどうかは、酒も入っていたので、覚えていませんが歌って楽しいラブソング『オール・マイ・ラヴィング』です。

With the Beatles

ビートルズのセカンドアルバム「ウィズ・ザ・ビートルズ」です。


宇宙からの三つの声

◆私の「オリジナルソング」をアップしています。良かったら聞いてください。