いつも音楽といっしょ

音楽といっしょに成長した自分を振り返ります。

■いつも音楽といっしょ(あぶな坂(中島みゆき))■

◆「あぶな坂」をころげ落ちる男(m035)◆

♪あぶな坂を超えたところに あたしは住んでいる。中島みゆきのファーストアルバムの「私の声が聞こえますか」の1曲目「あぶな坂」です。「あぶな坂」をころげ落ちてくる男と、それを助ける喪服の女。日本的シュールにあふれるけど、妖気漂うでなく、サラッと聞こえのは、中島みゆきの声や、歌い方のせいでしょうか。

♪今日もだれか哀れな男が 坂をころげ落ちてくる。・「あぶな坂」にくる人たちは、みんなけがをしている・男は遠いふるさとで傷ついた言いわけに、坂を落ちる。「あぶな坂」は、何の象徴なのかなと、私は考えますが・・・。

♪遠いふるさとはおちぶれた男の名を 呼んでなどいないのがここから見える。「石をもて追はるるごとく ふるさとを出(い)でしかなしみ消ゆる時なし」。私は、石川啄木のこの短歌が浮かんできます。初期の中島みゆきは「落ちぶれた男」には、やさしい視線を注いでいるように思うのは、男の私だけでしょうか。

♪遠いかなたからあたしの喪服を 目印にしていたのがここから見える。「喪服を着て待つ女」。縁起の悪い事を嫌う日本人には、とても奇妙な女です。私は、単純に喪服をきた細身の中島みゆきが、彼岸菊を持って待つ姿が、浮かんでしようがありません。

♪しかし、日本的シュールにあふれ、そして惹かれてしまう「あぶな坂」です。中島みゆきさん「あなたは、男にも女にも不思議な魔法をかける為に「あぶな坂」の先で、待ち構えていたのですネ!」。私も「あぶな坂」をころげ落ちて、あなたに会いたい気がしてしまいます。

abuna_zaka

◎「あぶな坂」入ったファーストアルバム「私の声が聞こえますか」です。内容を暗示した象徴的なジャケットですネ。


借夢(しゃむ)

◆私の「オリジナルソング」をアップしています。良かったら聞いてください。



■いつも音楽といっしょ(ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー(ビートルズ))■

◆お前が俺の心をガッチリつかんで離さないのさ(m034)◆

♪「お前を好きじゃないけど お前を愛している」。私の思春期の音楽への反応は、大きく「感動」か「ショック」の2通りでした。ビートルズのセカンドアルバム「ウィズ・ザ・ビートルズ」の「ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー」を聞いた時が「ショック」状態になりました。ちなみに、この曲は、ビートルズオリジナルではなく、スモーキー・ロビンソン&ミラクルズのカバーです。

♪「お前を欲しくはないけど お前が必要だ」。「ショック」には「曲に対するもの」と「歌詞に対するもの」がありますが、この曲は歌詞に対するショックでした。「お前を好きじゃない」と言いながら「愛している」と歌う。純情な思春期には、矛盾した恋愛の歌詞は、真新しくもあり、ショックでもありました。(この歳になれば、そんな恋愛パターンもあるだろうと頷いてしまいますが)

♪「お前が俺の心をガッチリつかんで離さないのさ」。この部分になると、なんとも「ナゲヤリな恋心」が、見えてきます。「俺のタイプじゃないのに、惹かれてしまう女。昼も夜も、心を捕らえて離さない女」。そして、そんな出会いに戸惑う男が、見えてきます。ジョンの、ちょっとふて腐れて、ガナる様な歌い方も、この曲にピッタリです。

♪「ウィズ・ザ・ビートルズ」は、オリジナル8曲、カバー6曲です。カバー6曲には、カーペンターズもカバーした「プリーズ・ミスター・ポストマン」もあり、この曲もありですが、共通点はモータウンサウンドという事です。モータウンサウンドは、アメリカのデトロイト発祥のレコードレーベルで、ソウルやブラックミュージック発展に多大な影響を及ぼしました。

♪恋多き独身時代には、いろいろパターンの恋愛に出会いますが、いきなり、両思いの確率は、宝くじ並みだと思います。初めて会った時に、どちらかが「この人と結婚すると、ピーンときた」という話は、よく聞きます(同じ様に、よく聞くのが「相手はまったく、そんな事は感じなかった」です)。しかし、結局、そういうカップルは結婚しているようです(第一印象の勝利でしょうか?)。

Smokey

◎「スモーキー・ロビンソン&ミラクルズ」のメンバーです。


宇宙からの三つの声

 ◆私の「オリジナルソング」をアップしています。良かったら聞いてください。

■いつも音楽といっしょ(オール・マイ・ラヴィング(ビートルズ))■

◆「ありったけの僕の愛」を君に(m033)◆

♪「目を閉じてごらん キスをあげよう、明日は別れる二人だけど いつも、君のことだけ想っているよ」。「ありったけの僕の愛」を、メロディーメーカーのポール本領発揮の、底向けに明るいラブソングです。

♪「家を離れている間も 毎日、手紙を書いて伝えるよ「ありったけの僕の愛」を君に」。『オール・マイ・ラヴィング』が、入っているセカンドアルバム「ウィズ・ザ・ビートルズ」(1963年)は、約1ヶ月をかけて、全14曲が録音されました。当時では、最高だった2トラック・レコーダーを2台連動させたり、リンゴのドラムとポールのベースを前面に出すサウンド作りなどに、音質的にも成功したアルバムです。

♪最愛の妻リンダ死後のポールのライブでは、ラスト・ナンバーとして歌われ、会場も大合唱で盛り上がりました。ポールの「天国のリンダに送る!」の、コメントには、思わず泣けてしまいました。

♪「One more time One more chance」をヒットさせた山崎まさよしが、一年間音楽活動を中断した後の復帰ライブが、テレビで放送されました。ギター一本のライブ、彼のギターテクニックも冴えた、ライブの最後が『オール・マイ・ラヴィング』でした。あの下降ベース・ランも入り、会場の手拍子と笑顔が広がる素晴らしい演奏でした。

♪『オール・マイ・ラヴィング』は、私の「ちょっと1曲やって」の定番です。この曲は、歌詞も、ハモリも覚えやすく、とても歌いやすい曲です。会社の余興で、フォーク同好会の飲み会で「ちょっと1曲やって」と言われ、一人で、二人でハモッて歌い、会場を沸かせた(?)かどうかは、酒も入っていたので、覚えていませんが歌って楽しいラブソング『オール・マイ・ラヴィング』です。

With the Beatles

ビートルズのセカンドアルバム「ウィズ・ザ・ビートルズ」です。


宇宙からの三つの声

◆私の「オリジナルソング」をアップしています。良かったら聞いてください。

■いつも音楽といっしょ(ツイスト・アンド・シャウト(ビートルズ))■

◆OKテイクをもらう為には(m032)◆

♪「シェイクだ!ベイビー! ツイストしながら、叫ぼう!」ビートルズのデビューアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」の最後のナンバー「ツイスト・アンド・シャウト」です。コンサートでは最後、時には頭に歌って、お客さんの乗りを誘いました。

♪「君のツイストは最高だ!ハニー! もっと僕のそばにおいでよ 君はもう僕のものだ」しかし、アルバム版では、最後の「ヘーーイ」の後に「ため息」とも「うめき声」もつかぬ声が、結構大きく入っています。私は、これはメインボーカルのジョンの声で「終わったー!」「疲れたー!」が無意識になって出たもの、と思っています。

ビートルズは、当初からの「ツイスト・アンド・シャウト」を録音する事を決めていました。そして、最後に録音する事も決めていました。理由は、この曲を歌うとジョンの声が潰れてしまい、ヘタをすると以降の録音ができなくなってしまうからです。

♪一日で14曲を録音する。仮に、テイク3でOKになったとしても「ツイスト・アンド・シャウト」の録音までに、40曲近く歌った事となります。時間も深夜になろうとしています。プロデューサーのジョージ・マーティンからOKテイクをもらう為に、メインボーカルのジョンもメンバーも必死です。

♪『ツイスト・アンド・シャウト』、ラストの「アー」コーラスもバッチリ決まり、思わず、ジョンのうめき声。ジョージ・マーティンからOKのサイン。ビートルズの4人の心が一つになって勝ち取ったOKテイク。長がーい14曲録音の一日が終わりました。

♪『ツイスト・アンド・シャウト』の中間とラストの「アー」のコーラスは、7thコードコードです。「アー」と伸ばしながら、コーラスが加わってゆく、ハーモニーをキープし続けるのは、結構難しいです。素人バンドでも、ビートルズコピーバンドでも、ここをバッチリ決めれるかどうかで「そのバンドの実力がわかる」と、私は思います。

Live_at_BBC

ビートルズ「Live at BBC」のアルバムです。もちろん「ツイスト・アンド・シャウト」も入っています。


恋なんて

◆私の「オリジナルソング」をアップしています。良かったら聞いてください。

■いつも音楽といっしょ(アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア(ビートルズ))■

◆フロアーの反対側に立っている17歳の女の子(m031)◆

ビートルズのデビューアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」(1963年)の一曲目が『アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア』です。ポール作曲で、下積み時代に、リバプールの「キャバーン・クラブ」やドイツのハンブルグなどでも、盛んに歌われました。

♪「ダンス・パーティーで一目惚れした17歳の女の子、フロアーの反対側に立っている。」(まさに「I Saw Her Standing There」ですネ。)「僕はフロアーを横切り、彼女と踊り始めた。そして、二人は恋に落ちたのさ。」ポールのボーカルも、ビートルズの演奏も乗っています。

♪デビューアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」は、14曲入りですが、1日で録音されました。プロデューサー「ジョージ・マーティン」に「できる曲を、どんどん歌ってくれ」と言われ、真夜中までかかっての録音でした。 ビートルズは「いつもライブ歌っている曲を、録音しただけ」と言いますが、この演奏、このハーモニーならば、すごいクオリティーの高いライブですネ。

♪この曲は、ビル・ヘンリーとロケッツの「ロック・アウンド・ザ・クロック」や、エルビス・プレスリーの「ハウンド・ドック」と、明らかに違います。ロックン・ロールのコード進行が元になっていますが、新しいコード進行とメロディーです。まさにビートルズサウンドという、新しい音楽の生まれた瞬間でした。

ビートルズの偉業を「もし、現代にモーツアルトが生まれていたら、ビートルズと同じ事をやっただろう」と、評した人がいます。ビートルズの約10年間の活動は、いつも新しい音楽表現の探求でした。モーツアルトも、新しい音楽表現を、探求し続けました。(しかし、音楽が新し過ぎてあの時代のウイーンの人々は、ついてゆけなくなりました。)

♪「8時間ブッ続けでライブ」等、ビートルズの下積み時代は、過酷なものでした。店主は常に「もっとお客さんを楽しませろ!」と、要求しました。ビートルズは、このハード・ワークの中で「お客に受ける曲や受ける方法」を、体得したと言っています「聞く人の心を、一発でとらえて離さない」ビートルズ音楽の原点の一つは、この過酷な下積み時代にありました。

please_please_me

ビートルズのデビューアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」です。


映画 そして君と僕

◆私の「オリジナルソング」をアップしています。良かったら聞いてください。

 

■いつも音楽といっしょ(この胸のときめきを)■

◆私はあなたなしでは生きられない(m030)◆

♪「この胸のときめきを」という曲をご存知ですか?私は、映画「エルビス・オン・ステージ」で、エルビス・プレスリーが歌うのを聞いて、一発で好きになった曲です。(ステージで歌うエルビスを、YouTubeで見れますヨ。)

♪「この胸のときめきを」の元歌は「私はあなたなしでは生きられない(Io Che Non Vivo Senza Te)」という、イタリアのカンツォーネでした。それを、イギリスの女性歌手ダスティ・スプリングフィールドが、英語歌詞で歌い、ヒットさせました(1966年)。1970年には、エルビスがカバー・バージョンを出し、スマッシュ・ヒットさせました。その後、エルビスのラスベガスのショーで、この曲は人気のあるレパートリーとなりました。

♪「腰振りエルビス」「兵隊エルビス」「映画エルビス」「ショーで歌うエルビス」「薬漬けで太ったエルビス」・・・。エルビスは、デビューしてから42歳で死ぬまで、生涯を通してアメリカだけでなく、世界から注目されたアーティストでした。

♪普段のエルビスは、温かい人柄だったそうです。仕事場では、雑役スタッフなども邪険にせず、「この曲は嫌い」などと言わず、どんな曲でも歌いました。また、非公式や匿名ですが、慈善団体への寄付も惜しみなく行っていたそうです。

エルビスが育ったメンフィスは、貧しい黒人労働者が多く住み、エルビスが、黒人音楽やゴスペルに親しむきっかけとなりました。「ハート・ブレイクホテル」「ハウンド・ドック」「監獄ロック」「GIブルース」。持って生まれた歌唱力に、黒人音楽の強い影響が、あのパワー全開のロックンロールを生み、世界中の若者を熱狂させました。そして、エルビスは「キング・オブ・ロックンロール」と呼ばれようになります。

♪「もしエルビス・プレスリーいなかったらロックン・ロールは、ここまで発展しなかっただろう!」と、ロックの評論家は言います。ビートルズを始めとして「エルビスの影響を受けた」と語っているアーティストは、数えきれない程います。また、極貧の少年が一気にスーパー・スターまで上り詰めたエルビスの生涯は「アメリカン・ドリーム」の象徴と言われます。

Elvis_on_stage

◎映画「エルビス・オン・ステージ」です。


マラカス娘(マラカスむすめ)

◆私の「オリジナルソング」をアップしています。良かったら聞いてください。 

■いつも音楽といっしょ(僕の歌は君の歌)■

◆It's a little bit funny~(m029)◆

♪「It's a little bit funny~」。出だしを聞いただけで、心がしんみりしてくる名曲。エルトン・ジョンの「僕の歌は君の歌(Your Song)」です。私は、聞いた後にも清涼感が残る、数少ない名曲だと思っています。

♪「I hope you don't mind~」。サビの部分になると、いっしょに歌ってしまう、とても息の長い名曲。初めて、この曲を聞いたのは、ラジオだったか、レコード屋だったか、ただ確かなのは、中学生の時だった事です。

エルトン・ジョンの両親は、夫婦喧嘩が絶えなかったそうです。「僕は、夫婦喧嘩が始まるといつも部屋にこもり、ピアノを思いっきり弾いて過ごしたものだった。」と、彼は、子供の頃を回想しています。この体験は「彼の音楽にかなり影響しているのではないか」と、私は思います。

エルトン・ジョンの名を、世界レベルにしたのは、故ダイアナ王妃の葬儀の時です。葬儀で、彼が歌った「キャンドル・イン・ザ・ウィンド(風の中の炎のように)」は、全世界に流れました。生前から、親しかった二人、エルトン・ジョンの歌には哀悼の意以上の気持ちが込められているように、私には聞こえました。

エルトン・ジョンは、本国イギリスでその活躍が認められて「サー」の称号を、贈られました。また、十年間近い交際を経て、男性と結婚した事も報道されました。その記事では、イギリスでは同性婚は認められていないので、前途が不透明とも書いてありました。

♪「クロコダイル・ロック」「土曜日の夜は僕の生きがい」など、ごきげんなロックンロール。「ダニエル」「グットバイ・イエロー・ブリックロード」「フレンズ」などの心に響く曲。エルトン・ジョンの才能は幅は広く・深いです。これからも、人々に感動を与え続けて欲しいアーティストです。

Empty_Sky

エルトン・ジョンのデビュー・アルバム「エンプティ・スカイ(エルトン・ジョンの肖像)」です。


後ろの正面だーれ?

◆私の「オリジナルソング」をアップしています。良かったら聞いてください。