いつも音楽といっしょ

音楽といっしょに成長した自分を振り返ります。

■いつも音楽といっしょ(10番街の殺人(ベンチャーズ))■

◆「ベンチャーズのカッコ良さはなんだろう」(m060)◆

ベンチャーズの『10番街の殺人』。ベンチャーズの数あるヒット曲の中でも、ダントツの人気を誇る名曲です。日本でも高中正義が、ライブで演奏していますし、日本、たぶん世界中のオヤジバンドの、レパートリーに入っているのではないでしょうか

♪『10番街の殺人』という題名から、実際に生々しい殺人事件があったのかと、思っていました。今回、ネットで調べてみたら原曲は、ブロードウェイ・ミュージカル「On Your Toes」の挿入曲という事がわかりました。

♪ミュージカル「On Your Toes」は、ダンサー達の浮気心が発端となり、相手の恋人同士を殺し合うという、修羅場のようなストーリーです。それならば『10番街の殺人』という曲が、準備された事も納得できます。

♪今回、原曲を聞くこともできましたが、1954年のミュージカル挿入曲ですから、ストリングスばりばりの、静かでゆっくりとしたテンポの曲でした。しかし(経緯はわかりませんが)ベンチャーズは、よくこの音から、エレキギターで演奏しようと一念発起したと、関心してしまいました。

♪「ベンチャーズのカッコ良さはなんだろう」と思います。「サーフ・ギター・サウンドの元祖」「エレキ・ギターブームの火付け役」などと、言われますが。聞かせるギター、乗り乗りギター。曲がカッコよくて、テクニックも抜群の実力派バンドである事は、確かです。

♪1959年から活動しているベンチャーズは、メンバー交代を繰り返しながら今も現役です。ベンチャーズも現役なら、オヤジ中心ですが「○○ベンチャーズ」というコピーバンド日本中にあり、現役で活動している事を見ても、ベンチャーズのカッコ良さは、永遠に続くようです。

♪私が、中学生の時に組んでいたバンドのリードギター担当が、通販で「エレキギターセット」を買いました。「聞いたことのないメーカーのエレキギター」「小型アンプ」「教則本」の三点セットで、お年玉を貯めれば、中学生でも買える価格でした。

♪我が中学生バンドが挑戦したのが『10番街の殺人』と、言いたい所ですが、「ダイアモンド・ヘッド」「雨の御堂筋」「東京ナイト」という初心者用レパートリーで「一応、曲になっている」程度のデキでした。

♪我がバンドは、体育館で演奏したり、転校した友人へ録音して送ったりと、活発な活動をしておりました。しかし、残念!エレキギターのペグ(絃を巻くネジ)が壊れ、演奏不能となり、バンドも休止状態となりました。

♪「ヴァン・ヘイレン」「リッチー・ブラックモア」「ジミー・ページ」等々、現在のロックのギターソロは、高度なテクニックが要求され、雲の上みたいな曲も多いです。しかし、ベンチャーズは、いつも手の届く所にあり、演奏を聞いても、真似しても、楽しませてくれるバンドとして、これからも現役でいてくれると思います。

Vencyase

◎日本大好きバンド・ベンチャーズベンチャーズ ポップス・イン・ジャパン・デラックス」です。


10番街の殺人/ベンチャーズ

ベンチャーズ・オリジナルサウンド「10番街の殺人」です。


やさしい男達のテーマ

◆私の「オリジナルソング」をアップしています。良かったら聞いてください。