いつも音楽といっしょ

音楽といっしょに成長した自分を振り返ります。

■いつも音楽といっしょ(アイム・ア・ルーザー(ビートルズ))■

◆俺は負けた 負け犬なんだ(m045)◆

♪「俺は負けた 負け犬なんだ 側にいる人に捨てられた」。「ビートルズ・フォー・セール」の2曲目「アイム・ア・ルーザー」です。作詞したジョンは、誰に負けたのでしょうか?「側にいる人に捨てられた」=「百万人に一人のいい女」に振られた「俺は負け犬」だと、歌っているのですネ。

♪「いろいろな恋に勝ったり、負けたりしたけれど、この恋には 手を出すんじゃなかった」。家庭の事情もあり、チョイ悪のジョンは、女の子にモテたそうです。しかし、
この歌では「本命」に振られ、かなり落ち込み「俺は負け犬」とまで言い切っています。「本命」に振られたショックは大きく、涙が止まりません。

♪「ピエロみたいに はしゃいでも 仮面の下は 涙でゆがんでる」「ビートルズ・フォー・セール」(1964年12月)は、クリスマス・マーケット用アルバムとして、発表されました。前作「ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」(1964年7月)の、なんと6ヶ月後の事です。世界を飛び回るツアーの真最中に、ビートルズはオリジナル8曲、カバー6曲の計14曲のこのアルバムを作り上げました。

♪「俺のせいか?アイツのせいか あふれる涙が止まらないゼ」。この曲は、ボブ・ディランの影響が強いと言われます。経緯は、ビートルズがパリ公演の際に、ボブ・ディランのアルバム「フリー・ホーリン」を手に入れた事から始まります。その後、ビートルズのメンバーの中で、ボブ・ディラン・ブームが起こります。

♪後に、ビートルズボブ・ディラン本人とも会い、音楽面でも、(ドラッグ面でも)影響を受けました。特にジョンは「アイム・ア・ルーザー」次の主演映画ヘルプの挿入歌「悲しみはぶっとばせ」などの曲に、その影響が色濃く現れています。ノーベル文学賞を、受賞したボブ・ディランですが、日本を含め、世界中にアーティストに多大な影響を与えた巨人ですネ。

for sale

◎「ビートルズ・フォー・セール」のアルバム・ジャケットです。


若い恋は自転車に乗って<歌唱版>

◆私の「オリジナルソング」をアップしています。良かったら聞いてください。