いつも音楽といっしょ

音楽といっしょに成長した自分を振り返ります。

■いつも音楽といっしょ(愛のデュエット)■

◆根っから明るいアメリカ人の乗り(m028)◆

♪映画「グリース」は、何度見ても楽しい映画です。ストーリーは、50年代アメリカの高校。不良グループのリーダーであるダニー(ジョン・トラボルタ)は、清純なサンディ(オリビア・ニュートン・ジョン)と、夏休みにビーチで出会い、恋に落ちます。ビーチで別れた二人ですが、新学期になるとサンディは、偶然にもダニーの通う高校に転校してきます。

♪内心大喜びのダニーですが、仲間の手前もあり、サンディにそっけなくしてしまいます。サンディも、ワザと別の男の子と付き合ったり 等の連続ドタバタがあり、最後は、学園祭で仲直りという、ハッピーストーリーの映画です。

♪学園祭では、お互いの気を引こうと、ダニーは革ジャンを脱ぎ、白いカーディガンになり、サンディは、革ジャンにくわえタバコでの、登場となります。クールな革ジャンのサンディを見たダニーは、白いカーディガン脱ぎ、二人で歌う曲が『愛のデュエット』です。

♪『愛のデュエット』は、乗りのいいロックン・ロールです。歌詞は「君にシビれた」とダニーが歌うと「私が求めているのは本物の男」と返すサンディ。しかし、歌のサビでは「あなたが、私のただ一人の人」と、デュエットします。

♪映画の最後は「二人の乗った車が、空へ飛んでゆく」というアメリカ映画ならではの、ハッピーエンドです。はじける青春のいいとこ取りの、映画ですが「根っから明るいアメリカ人の乗り」に、日本人の私達は、憧れてしまいます。

♪男子ばかりの工業高校だった友人「あれこそ青春だ!」と、映画を絶賛していました。私は、男女共学でしたが「グリース」のようには、はじけていませんでしたが。
友人とバンド組み、走り、転び、楽しかった高校時代は、映画に負けない私の宝物です。

GRESE

◎映画「グリース」のサウンド・アルバムです。


見つめ合う二人(眠れない夜)

◆私の「オリジナルソング」をアップしています。良かったら聞いてください。