いつも音楽といっしょ

音楽といっしょに成長した自分を振り返ります。

■いつも音楽といっしょ(いっそセレナーデ3)■

◆リバーサイドホテル(m021)◆

井上陽水の「主なアルバム(シングル)と代表曲」を調べました(私選で~す)。

【7枚目:スニーカーダンサーズ(1979年9月7日リリース)】
・なぜか上海
・娘がねじれる時

【シングル:リバーサイドホテル(1982年7月5日リリース)】

【シングル:いっそセレナーデ(1984年10月24日リリース)】

♪皆さんは「リバーサイドホテル」を初めて聞いた時、どう思いましたか?「ありがちな事を歌った歌」「堕落的な感じ」「よくぞ、歌ってくれた(?)」。歌詞の内容は「若い二人の延長ラブホ」ですが、陽水が創り・歌うと「何か別の色合い」がつき「芸術的な香り」さえ感じるのは、私だけでしょうか?

♪私は、考え方が旧いのかもしれませんが。陽水は「リバーサイドホテル」を、現代の若者の恋愛(?)の一形態と歌うと、共に「これでいいのかな~?」とも歌ったている様にも思えます。しかし、初体験年齢が、小学校高学年まで下がった日本では「ありがちな事」なのが現実です。

♪また、陽水は「愛されてばかりいると」という歌では「♪愛されてばかりいると星になるよ ゆきすきてばかりいると空にゆくよ」とも、歌っています。陽水とはアルバム「断絶」(1972年)からのお付合いですが、私は、陽水はとてもいい人で「日本の将来まで心配する人」だと思っています。陽水の娘さんは「父はとても心配性」だと、言っていました。

BestBallade

◎「リバーサイドホテル」が入っているアルバム「Best Ballade」です。


山原の森(やんばるの森)

◆私の「オリジナルソング」をアップしています。良かったら聞いてください。