いつも音楽といっしょ

音楽といっしょに成長した自分を振り返ります。

■いつも音楽といっしょ(静かなビートル「ジョージ」逝く4)■

◆静かなビートル「ジョージ」逝く4(m0010)

ビートルズの大ヒットナンバー「ヘイ・ジュード」が、発表された当時「楽曲の素晴らしさ」と「楽曲の長さ」が話題となりました。エンディングの「♪ラーラーラー‥‥ヘイ・ジュード」が、延々と続き、8分という長さです。

ビートルズのデビユー当時「楽曲は3分前後が良い」が、常識とされていました。レコード会社の事情、ラジオ番組の構成 等が理由だったと考えれますが。聞く側でも「3分前後のポップス」が、お手軽で、聞きやすかった時代だったと思います。

♪現代、特にハードロックでは、腕自慢のプレーヤーが自分の「持ち間奏タイム」を回すので、8分オーバーは当り前です。何か「ジャズのセッション」と、似ています。

♪また当時は「楽曲の作り方」も、パターン化されていました。
(イントロ-1番ー2番ーサビー間奏‥‥エンディング)
ビートルズジョージのギターテクニックの見せ場は「イントロ」「間奏」「エンディング」でした。「間奏」では、ステージの前に出て、ギターテクニックを披露しました。

■------------------■

♪もし、エリック・クラプトン、ルッチー・ブラック・モアが、ビートルズのメンバーだったら「ビートルズの音楽はどうなっていたか?」「あそこまで大成功していたか?」。「腕自慢の間奏タイム」が入ったら、ビートルズの曲はコトゴトク「8分オーバー」続出です。二人とも超一流プレーヤーですが、残念ながらビートルズの音楽には合いそうにありません。

♪こじつけではありませんが、私は「ビートルズのリード・ギターはジョージ」。ジョージだったからこそ「ビートルズの音楽はあそこまで成長し、バンドは大成功したのだ」と思います。静かなビートル「ジョージ」は、ギターによる自己出張ではなく「メロディー重視のビートルズの音楽に溶け込む事を第一」に考えたのではないかと、思います。(文章を書きながらも、ジョージの顔が浮かび、涙が出そうです)
ジョージ、素敵な曲とカッコいいギタープレーをありがとう」。

please_please_me

ビートルズのデビューアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」です。


花チュラサー肝ジュラサー(はなちゅらさーちむじゅらさー)

◆私の「オリジナルソング」をアップしています。良かったら聞いてください。