いつも音楽といっしょ

音楽といっしょに成長した自分を振り返ります。

■いつも音楽といっしょ(静かなビートル「ジョージ」逝く3)■

◆静かなビートル「ジョージ」逝く3(m0009)

ジョージとビートルズナンバー「恋を抱きしめよう」「サムシング」「ヒア・カム・ザ・サン」について、書きます。

♪「恋を抱きしめよう」:サビの3拍子は、ジョージのアイデア
曲のサビまで作ったポールは、サビから曲の頭に戻ってくる部分に悩んでいました。そこでジョージが「サビの後半を3拍子にしたら」というアイデアを出し、ビートルズ4人が「OKそれで行こう!」となり、あの大ヒットとなりました。
・あのサビの印象的な3拍子がなかったら、この曲はあそこまでヒットしなかったと私は思います。


♪「サムシング」:サビの転調、大成功例。
「サムシング」は、ハ長調(#、♭無)で始まりますが、サビはイ長調(#3つ)に転調し、最高の盛り上がりとなります。そして、サビが終わったら、またハ長調へ戻ります。
・「サビを盛り上げたい」は、曲を作る人の共通の願いですが「言うは安く、行うは難し」なのが「サビの転調」です。ミエミエで「ハイ!今転調しました」は、すぐ見抜かれてしまいます。
・今では、スタンダード・ナンバーの仲間入りをした「サムシング」は、サビの転調、大成功例です。


♪「ヒア・カム・ザ・サン」:8分の6拍子が、曲に「グッド・ビート」を与えています。
この曲は、4拍子で始まりますが、1番、2番の最後は8分の6拍子を挟んで、曲の頭に戻ります。とても、自然に挟まれているので、変拍子(拍子が変わる事)したとは感じません。
・聞く人が「今は何拍子かな?」「つながりが悪くて。ズッコケたり」は、演奏技術にもよりますが、曲の作りがイマイチなのかもしれません。
・この曲の8分の6拍子は、曲を巡航速度まで心地良く導く「グッド・ビート」です。
ジョージの作曲のセンスとビートルズの演奏の素晴らしさが光る一曲だと、私は思います。


ジョージは「アルバム1枚につき2曲まで(?)」
ポールやジョンの様にヒット曲を量産できないジョージは「アルバム1枚につき2曲」という暗黙(?)のルールがあったようです。しかし、
ビートルズ中期から、ジョージの曲がシングル・カットされ、ヒットするようになりました。
・最後はポールも認めるヒット・メイカーに「ジョージは大きく成長」しました。「めでたし、めでたし」です。

abbey_road

◎「サムシング」「ヒア・カム・ザ・サン」が入ったアルバム「アビーロード」です。


KOCOROの忘れ形見

◆私の「オリジナルソング」をアップしています。良かったら聞いてください。